アドオン方式とは

この方式は、初めに元金に対して融資利率と融資期間を掛けて利息を割り出し、元金と利息を合わせた総額を返済回数で割って毎回の返済額を出す方式です。

毎回の返済額が出るので返済計画は立てやすいのですが、実質金利はかなり高くなってしまいます。

現在は消費者の誤解を生む恐れがある事から、アドオン方式の金利は表示禁止になっています。

ローンとカードの豆基礎知識

ローンの種類には、住宅ローンや教育ローンのように目的が決まっているローン以外に、カードローンのように目的が決まっていない所謂フリーローンがあります。
その他、自分の預金を担保にした総合口座を利用したものもあります。

金利は、目的の決まっていないフリーローンが高めに設定されています。
返済方法には、「元利金等返済」「元金均等返済」など住宅ローンで等で使われる方法の他に、利用限度額なら何度でも借りられるリボルビング払い(リボ払い) や、元金と利息の総額を返済回数で割って返済額を算出するアドオン方式などがあります。

お金が貯まらない人の間違った8つの貯蓄方法

貯蓄が苦手な人の特徴
お金が貯まらない人の特徴として多くみられるのは、毎月、一体何にいくらお金を使っているのか、把握ができていないということ。

・残ったお金を貯める
貯蓄が苦手な人の特徴としては、「毎月残ったお金を貯蓄しよう」と考えている人が多いということです。

・一つの口座に貯める
1つの口座にお金を貯めると、残高がぐんぐん伸びていき、それを見るのは楽しいものです。
しかし、このやり方だと、複数ある目標のうち、「どれ」に「いくら」貯まっているかを区別するのが難しくなります。

・収入がもっと増えたときに貯める
これはお金が貯まらない人の典型的な言い訳の代表格です
何か特殊な事情を抱えている人を除けば、これは単なる言い訳にしかならないことがほとんどです。
この手のことを言う人は、大抵の場合、たとえ収入が増えても貯蓄はできません。

・できるときにまとめて貯める
棚ぼたで臨時収入を得たときや、気持ちが大きいときだけに大金を貯金する方法では、「全か無か」の貯蓄家になってしまいます。

・出費する目標で貯める
「あと○○円貯まったらブランドのバッグを買う」など出費する目標を立てると、貯金額が減少してしまいます。

・特別な出費を考えずに貯める
大きな支出になるライフイベントについては、前もって具体的に予測しておく必要があります。

・できるだけ多くのお金を貯める
貯金を最優先にしてしまうと、形のない強迫観念に襲われる可能性があります。

お金に苦労する6つの性格

・暗い人
自分の頭の中をコントロールできず、絶えず悩んでいる人は自然と暗くなります。
逆に果敢に立ち向かっている人が明るいです。

・片づけられない人
混乱を整理できない人は片付けも下手。
机の上、引き出しの中、車のトランク、冷蔵庫の中など片付けられない人はお金に苦労します。

・ドカ喰いする人
欲望をコントロールできない人は散財します。
食欲に抵抗できない人はお金の魔力にも翻弄されます。

・酒に飲まれる人
酒の飲みすぎは脳細胞を破壊します。
施行を失った人間はコントロールを失います。

・カッとなる人
感情を爆発させることで冷静に考える事をやめてしまいます。
怒り⇒衝突⇒不信⇒自己嫌悪

・すぐに落ち込む人
軸がない人は小さな揺れにもすぐへたってしまいます。
信じる、辛抱する、待ち続ける事なども資産形成に必須です!

お金の貯まらない人の財布の特徴

お金を貯めている人の習慣』について書きましたが、
今日は、逆にお金の貯まらない人の財布の特徴について紹介します。

お金の貯まる人に共通点があるように、お金の貯まらない人の財布にも共通点がありました。

1位 財布にレシートや領収書があふれている
レシートを受け取らない人やすぐ捨ててしまう人は経済観念に欠けていると言われますが、
財布にレシートを入れっぱなしの人も同様です。
お金を貯めている人の習慣』でも書きましたように、家計簿をつけるにはレシートを見て書きこむのですから、
財布に入れっぱなしということは、家計簿をつけていないと言わざるをえません。
よく、迷う事にクレジットカードで買い物をした時に受け取るレシートの取り扱い方です。
カード会社によると、カードの利用明細書が届くまでレシートを保存しておけばいいとの事でした。

2位ポイントカードを溜めこんでいる
ポイントカードが財布の中でごちゃごちゃになって財布はパンパンに膨れ上がり、
さらに、使いたいときに見つからないのが世の常。

3位お札の向きがバラバラだったり端が折れていたり
お金自体を大切に扱っていない人に多いです。

ちなみに4位以下は次の通り
4位100円ショップで売っているようなチープな財布を使っている
5位チャックが壊れている
6位雑誌のおまけに付いてきているチープな財布
7位何年使っているのかわからないほどくたびれた財布
8位マジックテープ式財布
9位名刺や付箋などお金以外のものが入っている
10位小銭が多くてパンパン

この特徴の反対な項目が私の財布にも複数あるのですが、さっぱりお金は貯まりません。

例えば、1位のレシートに関しても、買い物をした日の夜には、家計簿をつけるのにレシートを取り出して、家計簿に毎回挟んでいます。

3位のお札の向きについても、お金を上下さかさまにして裏表も逆にすることで、お金が返る(帰る)という縁起を担いでいます。

また、お札はお釣りやATMから出てきたものは仕方がありませんが、意識的に折る事はせず、長財布を使っていてます。

昨年、財布を奮発して、高価で新しいものに買い換えたのに、一向にお金が貯まりません。

ムダ遣い 止められないムダ使いTOP5

ムダ使いを中々止められない人は大勢ます。

決して、あなただけではないはず。

では、どんなムダ使いが止められないのか見てみましょう。

1位
コンビニ等でのお菓子や飲み物(37%)
仕事の合間や帰宅時に立ち寄って、ついつい買ってしまいます。
1日300円でも一カ月で1万円のムダ使いです。

2位
仕事帰りの飲み屋での一杯(9.0%)
安い居酒屋を探して一杯だけのつもりが、ついつい2杯、3杯・・・
回数がかさめば出る金も馬鹿になりません。

3位
ネットでの買い物(漫画・本・DVD)(8.5%)
漫画、少額商品なので思わず買ってしまいますね。

4位
ネットでの買い物(洋服・ファッション)(8.0%)
クリックひとつで買えてしまう恐ろしさ。
しかも、自宅で買い物ができるのですが、その時、飲みながら通販サイトを見たいたら最悪!
気が大きくなっていらないものも買ってしまいます。

5位
スマホでの気になるアプリ(7.0%)
無料アプリでも、先に進みたくて課金してしまうことでムダ使いになります。

お金が貯まる人の習慣

お金を貯めている人の習慣ランキング
1位現在お財布にいくら入っているか把握している
2位安価でも買う前に本当に必要なのか必ず吟味する
3位レシートは必ず貰う
4位高額な買い物をする時は事前に計画を立てる
5位家計簿をつけている

1位は、現金とクレジットカードを併用している人は、現金の所持額をあまり気にしない傾向にあります。
現金のコントロールはお財布のコントロール

2位の「本日限定割引」に踊らされず「割引イコールお得」という考えではなく自分にひつような物を買うのが本当のお得。

5位は貯蓄の得意な人にとっては基本中の基本です。

因みに、6位以下

6位お弁当を作って外食はしない
7位クーポンを上手く利用している
8位安売りだからといってまとめ買いしない
9位買い物をする時は事前にメモして余計な物は買わない
10位振込手数料が無料となる銀行やサービスを使っている

1位の財布にいくらはいっているかなんて、貧乏な私は完全に把握しています。
また、3位も5位も習慣化しています。
なのに、お金が貯まらないのはなぜ?
このランキングってあまり信用できないような…

資金調達に便利な楽天カード

資金調達に楽天カードを持っていると、イザという時に便利です。

最近、楽天カードのTVCMをよく見かけると感じていませんか?

それには理由があるのです。

情報によると、一時消費者金融に流れていた顧客の囲い込みを狙っているとの事です。

消費者金融で多重債務、数量規制で破産した人がブラックリスト入りしていた大勢でましたが、
そんな人が、7~10年の期間を経過してブラックリストから消えてきているのです。

彼らは、1度破産しているので、今度こそ堅実な生活をする事を硬く決めているので事故になる恐れがないと
カード会社は見ているそうです。

ただ、いくらブラックリストから消えたといってもまだ消費者金融から借りるのは難しい面があるようです。

しかし、消費者金融系とクレジットカード系は横の繋がりが薄く
クレジットカード系ではある一定期間過ぎるとブラックリストがら消えて意外と審査が通りやすく、
そういった顧客をどのクレジットカード会社も囲い込みたいと必死なのです。

そんな中、今、審査がゆるいのが楽天カードです。

楽天カードはネットで申し込みできて1週間程度でカードを手に出来ます。

しかも、審査も収入証明も要らず、自由業の人でも審査が通り易いです。

クレジットカードにキャッシング機能も付いている楽天カードは1枚持っていると大変便利です。

審査によるので明確な事はいえませんが、クレジットで20万円、キャッシングで15~20万円の枠が作れます。

クレジットは、リボ払いにすると月5千円からの支払いで、キャッシングは月1万円からの支払い設定が出来ます。

もちろん、楽天で買い物をした場合、ポイントも多く付くのは当たり前ですし、支払いの度にポイントも付きます。

それに、実際に様々な店で使えます。

楽天カードのメリット
・楽天カードは、職業も自由業OK!
・収入証明書の提出不要!
・年収100万円でもすんなり通る

資金調達の基本

資金調達方法としては、資本(自己資本)による調達と、負債(他人資本)による調達の2つに大別できる。
資本による調達とは、株式の発行による調達を指す。

負債(デット):返済を伴う資金調達。第三者からの借り入れを増やす方法
株主資本(エクイティ):返済の必要が無い資金調達。新株の発行等により実質的な自己資本を増やす方法

また、負債による調達は、金融機関からの借入れ、コマーシャルペーパー(CP)や社債の発行による資金の調達を含む。

資金調達に対応する概念として、資金運用(投資、英: investment)がある。
キャッシュ・フロー上は、資金調達(英: cashflow from financing activities)がキャッシュ・インフローであるのに対し、
投資はキャッシュ・アウトフローに分類される。

女性が賢くつなぎ融資を受ける方法

女性が、消費者金融でお金を借りるのはとても勇気が要ります。

また、職業によっては、なかなかお金を貸してくれない消費者金融もあります。

特に、水商売や風俗関係で働く女性は消費者金融会社からは、あまりよく見られていないのが実情です。

しかし、賢く消費者金融会社を探す方法を知っていれば比較的簡単にお金を貸してくれる消費者金融会社があります。

最近では、レディースローンが充実しています。

対応してくれるスタッフが女性なので、安心して資金調達の相談ができます。

また、来店不要でスマホやネットで手続きが完結するので店舗に出向かなくても振り込んでくれるので忙しい女性も助かります。