お金が貯まらない人の間違った8つの貯蓄方法

貯蓄が苦手な人の特徴
お金が貯まらない人の特徴として多くみられるのは、毎月、一体何にいくらお金を使っているのか、把握ができていないということ。

・残ったお金を貯める
貯蓄が苦手な人の特徴としては、「毎月残ったお金を貯蓄しよう」と考えている人が多いということです。

・一つの口座に貯める
1つの口座にお金を貯めると、残高がぐんぐん伸びていき、それを見るのは楽しいものです。
しかし、このやり方だと、複数ある目標のうち、「どれ」に「いくら」貯まっているかを区別するのが難しくなります。

・収入がもっと増えたときに貯める
これはお金が貯まらない人の典型的な言い訳の代表格です
何か特殊な事情を抱えている人を除けば、これは単なる言い訳にしかならないことがほとんどです。
この手のことを言う人は、大抵の場合、たとえ収入が増えても貯蓄はできません。

・できるときにまとめて貯める
棚ぼたで臨時収入を得たときや、気持ちが大きいときだけに大金を貯金する方法では、「全か無か」の貯蓄家になってしまいます。

・出費する目標で貯める
「あと○○円貯まったらブランドのバッグを買う」など出費する目標を立てると、貯金額が減少してしまいます。

・特別な出費を考えずに貯める
大きな支出になるライフイベントについては、前もって具体的に予測しておく必要があります。

・できるだけ多くのお金を貯める
貯金を最優先にしてしまうと、形のない強迫観念に襲われる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>