カードキャッシング時の心構え その3

キャッシング時の心構えについて。

今日では、比較的簡単にカードキャッシングができます。

即日にお金を借りることが可能ですが、それは自分のお金ではありません。

借りたお金は自分のお金では無いこと。
借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

金額が大きくなると、自分のお金でもないにもかかわらず、それが自分のお金と錯覚してしまいがちです。

カンタンな手続きでお金を借りることができるので、自分の持っている口座からお金を引き出すような感覚でカードで借り入れをしてしまう場合も少なくないようです。

そのような場合にこそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。

そうなると、自分の稼ぐお金より使うお金の方が多い状態となり、カードのキャッシング返済が全く追いつかないということにもなってきます。

このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際には、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を選ぶようにしたいものです。
借り入れしていることを安易にしておかず、キャッシングの状態、とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を把握するようにしましょう。

把握できていない人、毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。
借入している金額が、20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビCMにも出てきますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理のない返済が出来るようにしておきましょう。

毎月の返済を欠かさずきっちりとしていれば、クレジット会社にたいする信用がつくので、借り入れ利率の引き下げや、融資の限度額の増額などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>