カードキャッシング時の心構え その4

キャッシング時の心構えについて。以前に比べて大変便利になり、カードキャッシングも簡単に手続きができます。

その日にお金を借りることも可能ですが、決してそれは自分のお金では無いのです。

借りたお金は自分のお金では無いこと。

借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

幾ら借りられるかではなく、いくらなら返せるかを考えて借りましょう。

とくに借り入れ金額が大きくなるにつれて、手続きがカンタンということもあり、自分のお金と錯覚してしまいがちになるようです。自分のお金でもないということをいつも気に留めておく事が大切です。

自分のお金であるような錯覚を持つので、カンタンなATMの手続きでお金を借りてしまい、自分の持っている口座からお金を引き出したような感覚になってしまう場合も少なくないようです。

そんな時こそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。

このような感覚になってしまうと、知らないうちに自分の稼ぐお金よりも、使っているお金の方が多くなっている状態になりがちです。
そうなると毎月の返済がが全く追いつかないということにもなる恐れがあります。

借り入れをする時は少しでも金利の低く条件のいい業者を選択しましょう。

そして現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、完済までの総額と回数を把握しましょう。

返済の金額が毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。

20%を越えていない場合でも、いまカードキャッシングを利用
していている状況を把握できていない人はすぐにでも確認しましょう。

カードキャッシングの借入額が20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近ではテレビCMにも告知されていますが、しっかりとした返済計画に基づき、無理のないカードキャッシング返済を行いましょう。

毎月の返済を欠かさずきっちりとしていれば、クレジット会社にたいする信用がつくので、借り入れ利率の引き下げや、融資の限度額の増額などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>