自己破産した後に起こること

ギャンブルによる借金でも、自己破産できるのだろうか。

また、自己破産すると、どんなメリット・デメリットがあるのか。

小松雅彦弁護士に聞いた。

「自己破産のメリットは、債務を全額支払わなくて良いことと、手続の期間が短いことです。

これに対し、同じく借金を整理する手段である『民事再生』や『任意整理』は、自己破産のように支払い義務がなくなるものではありません。

また、長期間にわたって支払いは続きます。

自己破産のデメリットとして影響が大きいものに、資格制限があげられます。

自己破産の申し立てをすると、一時的に就けなくなる職業があるのです。

弁護士、司法書士、税理士など『士業』のほかに、警備員、旅行業者、生命保険募集人、宅地建物取引業なども制限されます。

なお、免責確定で、この資格制限 はなくなります」

ギャンブルによる自己破産や、自己破産が認められた後に気を付ける点など、詳しくはこちらを参照してください。

ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――そんな理由でも「自己破産」できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>