資金調達に使えるノーローンは30日間無利息融資

資金調達に便利なのが、ノーローンです。

ノーローンは、新生銀行グループの消費者金融ですが、
無利息期間のある、お得なキャッシングで人気です。

4.9%~18.0%+なんどでも1週間無利息

通常、ノーローンでは初回借入より1週間の無利息期間がサービスとして付いています。

初回借入より【ノーローン】初回30日間無利息+なんどでも1週間無利息
ご利用可能!

もちろん完済日の翌月以降、
今までどおり
ノーローンならなんどでも1週間無利息
適用されます!

ノーローンの無利息期間は、短期間のキャッシングの利用にもってこいのサービスと言えます。

この機会にぜひ新生銀行グループの安心キャッシングノーローンを資金調達やつなぎ融資として検討ください。
キャッシング・カードローンのことなら1週間無利息キャッシング「ノーローン」

株式会社アメリカンフィナンシャルダイレクト「不動産担保ローン」ご紹介

「株式会社American Financial Direct」は、団体信用生命保険をセットにした、低金利の不動産担保ローン
を販売する会社です。
お客様の不動産を、より有効に運用・ご活用いただく為のお手伝いを致します。

商品案内
リフォームローンは、年利4.12%~
ご自宅の増改築、リニューアルにご利用いただけます。

複数の借入先のローンを、低金利ローンに一本化する事ですっきりできます。

★株式会社American Financial Directの特徴★
不動産担保ローンとは、原則としてお客様名義で所有される不動産の価値を専門の業者が査定を行い、その不動産を担保として資産価値に準じた金額を設定してご融資する「有担保のフリーローン商品」のことです。


不動産物件が担保となりますので、金融機関や消費者金融等と比較してかなりまとまった金額をご融資することが可能となります。


万が一、返済を続けることができなくなった場合には、残った債務の弁済のために、担保物権が競売などの方法で処分される可能性がございます。弊社では、全ての商品プランに団体信用生命保険をセットすることにより、お客様のリスク軽減を実現いたしました。


当社不動産担保ローンアドバイザーが的確にご案内致します。


各種ローンの一般的な利率は、住宅ローン・自動車ローン等の「目的別ローン」が一番低く、借入金の使い道が限定されていないフリーローン(一般的なカードローン等)がより高く、不動産担保ローンのような「有担保のフリーローン」はその中間に位置します。


弊社の利率は年利4.38%~と「目的別ローン」と同等かそれ以下という大変低金利に設定しておりますのでご安心して不動産担保ローンをご利用いただけます。

フラット35 住宅ローン借り換え

「住宅金融公庫融資」は、国の住宅ローンとして多くの人に利用されていましたが、平成18年度末に独立行政法人に移行され、それに伴ってできたのが、「フラット35」です。

最長35年間の固定金利が組めます。

融資限度額は最高8000万円

毎月返済額の4倍以上の月収が条件です。

保証人は不要
繰上げ返済は、100万円以上ですが、
手数料は無料です。

資金調達のためのローンの基礎知識

ローンの種類には、住宅ローンや教育ローンのように目的が決まっているローン以外に、カードローンのように目的が決まっていない所謂フリーローンがあります。

その他、自分の預金を担保にした総合口座を利用したものもあります。

金利は、目的の決まっていないフリーローンが高めに設定されています。

返済方法には、「元利金等返済」「元金均等返済」など住宅ローンで等で使われる方法の他に、利用限度額なら何度でも借りられるリボルビング払い(リボ払い) や、元金と利息の総額を返済回数で割って返済額を算出するアドオン方式などがあります。

「保証人のいらないビジネスローン」

インターは、保証人のいらないビジネスローンとして小規模経営者の方々を中心に、無担保、無保証を初めとした様々な金融サービスで社会に貢献しております。

インターではこのような小規模事業主の皆様のニーズに応えるために、創業以来蓄積されてきたノウハウを活かし、独自の与信システムを構築してまいりました。

初めての方にも、ホームページでのご利用中のお客様の事をご紹介しておりますので、一度ご覧戴いて安心、納得していただけると思います。

また、「返済シュミレーション」機能もありますので、こちらをご利用してシュミレーションしていただけるとよろしいでしょう。

貸付制度を利用したローン

総合口座の自動融資
銀行の総合口座は、預金を引き出さずに定期預金を担保に総合預金額の90%(千円単位 最高限度額200万円)まで借りられます。

公共債や、割引国債を担保にすると、さらに最高200万円まで借りられます。
定期預金を担保にした場合、預金金利+0.5%が金利となります。
郵便貯金のローン
ゆうゆうローンと総合通帳を組み合わせた自動融資制度があります。
定期貯金、ニュー定期、積立貯金残高の90%(最高300万円)まで、借りられます。

ただし、次の貯金については、預入金額の90%以内かつ300万円以下。
担保定額郵便貯金、担保定期郵便貯金
貸付金額は1,000円以上、1,000円単位(担保定額郵便貯金、担保定期郵便貯金は除きます。)

定期貯金、積立貯金を担保の場合:貯金利率+0.25%
ニュー定期を担保の場合:貯金金利+0・5%

カードローン

カードローンは、上手く利用すれば、資金調達として有効に使えます。

使い道が自由で、貸付便度額内であれば現金自動預入出引出機(ATM)や現金自動支払機(CD)から、現金を気軽に引き出せる半面、その使い道自由の融資条件や無担保という融資から、
銀行などの金融利率よりかなり高い利率が設定されているので、自己返済能力をしっかりしていないと返済不能に陥る恐れがあります。

 

アドオン方式とは

この方式は、初めに元金に対して融資利率と融資期間を掛けて利息を割り出し、元金と利息を合わせた総額を返済回数で割って毎回の返済額を出す方式です。

毎回の返済額が出るので返済計画は立てやすいのですが、実質金利はかなり高くなってしまいます。

現在は消費者の誤解を生む恐れがある事から、アドオン方式の金利は表示禁止になっています。

ローンとカードの豆基礎知識

ローンの種類には、住宅ローンや教育ローンのように目的が決まっているローン以外に、カードローンのように目的が決まっていない所謂フリーローンがあります。
その他、自分の預金を担保にした総合口座を利用したものもあります。

金利は、目的の決まっていないフリーローンが高めに設定されています。
返済方法には、「元利金等返済」「元金均等返済」など住宅ローンで等で使われる方法の他に、利用限度額なら何度でも借りられるリボルビング払い(リボ払い) や、元金と利息の総額を返済回数で割って返済額を算出するアドオン方式などがあります。

資金調達に便利な楽天カード

資金調達に楽天カードを持っていると、イザという時に便利です。

最近、楽天カードのTVCMをよく見かけると感じていませんか?

それには理由があるのです。

情報によると、一時消費者金融に流れていた顧客の囲い込みを狙っているとの事です。

消費者金融で多重債務、数量規制で破産した人がブラックリスト入りしていた大勢でましたが、
そんな人が、7~10年の期間を経過してブラックリストから消えてきているのです。

彼らは、1度破産しているので、今度こそ堅実な生活をする事を硬く決めているので事故になる恐れがないと
カード会社は見ているそうです。

ただ、いくらブラックリストから消えたといってもまだ消費者金融から借りるのは難しい面があるようです。

しかし、消費者金融系とクレジットカード系は横の繋がりが薄く
クレジットカード系ではある一定期間過ぎるとブラックリストがら消えて意外と審査が通りやすく、
そういった顧客をどのクレジットカード会社も囲い込みたいと必死なのです。

そんな中、今、審査がゆるいのが楽天カードです。

楽天カードはネットで申し込みできて1週間程度でカードを手に出来ます。

しかも、審査も収入証明も要らず、自由業の人でも審査が通り易いです。

クレジットカードにキャッシング機能も付いている楽天カードは1枚持っていると大変便利です。

審査によるので明確な事はいえませんが、クレジットで20万円、キャッシングで15~20万円の枠が作れます。

クレジットは、リボ払いにすると月5千円からの支払いで、キャッシングは月1万円からの支払い設定が出来ます。

もちろん、楽天で買い物をした場合、ポイントも多く付くのは当たり前ですし、支払いの度にポイントも付きます。

それに、実際に様々な店で使えます。

楽天カードのメリット
・楽天カードは、職業も自由業OK!
・収入証明書の提出不要!
・年収100万円でもすんなり通る