資金調達のためのローンの基礎知識

ローンの種類には、住宅ローンや教育ローンのように目的が決まっているローン以外に、カードローンのように目的が決まっていない所謂フリーローンがあります。

その他、自分の預金を担保にした総合口座を利用したものもあります。

金利は、目的の決まっていないフリーローンが高めに設定されています。

返済方法には、「元利金等返済」「元金均等返済」など住宅ローンで等で使われる方法の他に、利用限度額なら何度でも借りられるリボルビング払い(リボ払い) や、元金と利息の総額を返済回数で割って返済額を算出するアドオン方式などがあります。

キャッシングローンによる資金調達方法

資金調達の方法の一つとして、キャッシングローンと言う方法があります。

キャッシングローンとは、クレジットカードなどのローン専用のカードを使用して受け取る小口の融資のことを、カードキャッシングといいます。

通常は、ATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)を利用してお金を借ります。

銀行で資金調達の融資を受けるには手続きが煩雑で、しかも、お金が手元に届くまで日数がかかりますが、キャッシングローンなら、金利が銀行に比べて高めではありますが、急な資金調達には、即日でお金が手に入ります。

カードのキャッシング返済には、銀行の自動引き落としやコンビニ払い、ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などの方法があります。

カードキャッシングでお金を借りた場合、返済日の選択はキャッシングの契約時に決まります。

返済方法は、ほとんどの場合、月1回になっており、他には回数や金額を指定する方法や幾つかある中から選択する方法もあります。

カードによるキャッシングでお金を借りた場合には、その利息は1日単位でかかるのが通常です。

カードキャッシングは利息が1日単位なので返済が一日遅れた場合、その日の分も利息が加算されてしまうので、返済日には注意しましょう。

逆にいえば、借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。

カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、29.2%までと法律で決められており、だいたい年8%~20%くらいになっています。

無駄な出費を避けるため、カードキャッシングの借り入れる時に、カードのキャッシング返済についてははっきりとした計画を立てておきましょう。

返せる範囲のお金のみを借り、利息の増え方などはしっかり把握しておくことがスムーズなカードのキャッシング返済に繋がります。

カードキャッシング時の心構え その4

キャッシング時の心構えについて。以前に比べて大変便利になり、カードキャッシングも簡単に手続きができます。

その日にお金を借りることも可能ですが、決してそれは自分のお金では無いのです。

借りたお金は自分のお金では無いこと。

借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

幾ら借りられるかではなく、いくらなら返せるかを考えて借りましょう。

とくに借り入れ金額が大きくなるにつれて、手続きがカンタンということもあり、自分のお金と錯覚してしまいがちになるようです。自分のお金でもないということをいつも気に留めておく事が大切です。

自分のお金であるような錯覚を持つので、カンタンなATMの手続きでお金を借りてしまい、自分の持っている口座からお金を引き出したような感覚になってしまう場合も少なくないようです。

そんな時こそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。

このような感覚になってしまうと、知らないうちに自分の稼ぐお金よりも、使っているお金の方が多くなっている状態になりがちです。
そうなると毎月の返済がが全く追いつかないということにもなる恐れがあります。

借り入れをする時は少しでも金利の低く条件のいい業者を選択しましょう。

そして現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、完済までの総額と回数を把握しましょう。

返済の金額が毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。

20%を越えていない場合でも、いまカードキャッシングを利用
していている状況を把握できていない人はすぐにでも確認しましょう。

カードキャッシングの借入額が20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近ではテレビCMにも告知されていますが、しっかりとした返済計画に基づき、無理のないカードキャッシング返済を行いましょう。

毎月の返済を欠かさずきっちりとしていれば、クレジット会社にたいする信用がつくので、借り入れ利率の引き下げや、融資の限度額の増額などがあります。

カードキャッシング時の心構え その3

キャッシング時の心構えについて。

今日では、比較的簡単にカードキャッシングができます。

即日にお金を借りることが可能ですが、それは自分のお金ではありません。

借りたお金は自分のお金では無いこと。
借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

金額が大きくなると、自分のお金でもないにもかかわらず、それが自分のお金と錯覚してしまいがちです。

カンタンな手続きでお金を借りることができるので、自分の持っている口座からお金を引き出すような感覚でカードで借り入れをしてしまう場合も少なくないようです。

そのような場合にこそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。

そうなると、自分の稼ぐお金より使うお金の方が多い状態となり、カードのキャッシング返済が全く追いつかないということにもなってきます。

このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際には、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を選ぶようにしたいものです。
借り入れしていることを安易にしておかず、キャッシングの状態、とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を把握するようにしましょう。

把握できていない人、毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。
借入している金額が、20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビCMにも出てきますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理のない返済が出来るようにしておきましょう。

毎月の返済を欠かさずきっちりとしていれば、クレジット会社にたいする信用がつくので、借り入れ利率の引き下げや、融資の限度額の増額などがあります。

カードキャッシング時の心構え その2

キャッシング時の心構えについて。

以前に比べて大変便利になり、カードキャッシングも簡単に手続きができます。

その日にお金を借りることも可能ですが、決してそれは自分のお金では無いのです。

借りたお金は自分のお金では無いこと。

借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れ
いことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

手続きが非常にカンタンなので、あたかもそれが自分のお金と錯覚してしまいがちです。

自分のお金でもないにもかかわらずにです。

カンタンな手続きでお金を借りることができるので、自分の持っている口座からお金を引き出すような感覚でカードで借り入れをしてしまう場合も少なくないようです。

そのような場合にこそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。

そうなると、自分の稼ぐお金より使うお金の方が多い状態となり、カードのキャッシング返済が全く追いつかないということにもなってきます。

借り入れをする時は少しでも金利の低く条件のいい業者を選択しましょう。

返済で困らないようにキャッシングをしている状態をよく把握しておくことです。

とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を確認します。

借り入れしていることを安易に考えないことが大切です。

返済の金額が毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。

20%を越えていない場合でも、いまカードキャッシングを利用していている状況を把握できていない人はすぐにでも確認しましょう。

カードキャッシングの借入額が20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

そしてしっかりとした返済計画に基づき、無理のないカードキャッシング返済を行いましょう。

しっかりと返済を行っていれば信用がつくので、利率の引き下げや限度額の増額などがあります。

カードキャッシング時の心構え その1

お金をキャッシングする時の心構えについてまとめてみました。

カードキャッシングで即日お金を借りることができるといっても、それは自分のお金ではありません。

借りたお金は自分のお金では無いこと。

借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

金額が大きくなると、自分のお金でもないにもかかわらず、それが自分のお金と錯覚してしまいがちです。

その気分が癖になり、自分の口座からお金を引き出すような感覚でカードで借り入れを行い、そしてカードキャッシング返済に苦労する
ことになるのです。

このような感覚になってしまうと、知らないうちに自分の稼ぐお金よりも、使っているお金の方が多くなっている状態になりがちです。そうなると毎月の返済がが全く追いつかないということにもなる恐れが
あります。

このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際には、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を選ぶようにしたいものです。返済で困らないようにキャッシングをしている状態をよく把握して

おくことです。とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を確認します。

借り入れしていることを安易に考えないことが大切です。

いまカードキャッシングを利用していているにも関わらず、このような状況を把握できていない人はすぐにでも確認しましょう。

毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。

借入している金額が、20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビCMにも出てきますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理のない返済が出来るようにしておきましょう。

しっかりと返済を行っていれば信用がつくので、利率の引き下げや限度額の増額などがあります。

「保証人のいらないビジネスローン」

インターは、保証人のいらないビジネスローンとして小規模経営者の方々を中心に、無担保、無保証を初めとした様々な金融サービスで社会に貢献しております。

インターではこのような小規模事業主の皆様のニーズに応えるために、創業以来蓄積されてきたノウハウを活かし、独自の与信システムを構築してまいりました。

初めての方にも、ホームページでのご利用中のお客様の事をご紹介しておりますので、一度ご覧戴いて安心、納得していただけると思います。

また、「返済シュミレーション」機能もありますので、こちらをご利用してシュミレーションしていただけるとよろしいでしょう。

貸付制度を利用したローン

総合口座の自動融資
銀行の総合口座は、預金を引き出さずに定期預金を担保に総合預金額の90%(千円単位 最高限度額200万円)まで借りられます。

公共債や、割引国債を担保にすると、さらに最高200万円まで借りられます。
定期預金を担保にした場合、預金金利+0.5%が金利となります。
郵便貯金のローン
ゆうゆうローンと総合通帳を組み合わせた自動融資制度があります。
定期貯金、ニュー定期、積立貯金残高の90%(最高300万円)まで、借りられます。

ただし、次の貯金については、預入金額の90%以内かつ300万円以下。
担保定額郵便貯金、担保定期郵便貯金
貸付金額は1,000円以上、1,000円単位(担保定額郵便貯金、担保定期郵便貯金は除きます。)

定期貯金、積立貯金を担保の場合:貯金利率+0.25%
ニュー定期を担保の場合:貯金金利+0・5%

カードローン

カードローンは、上手く利用すれば、資金調達として有効に使えます。

使い道が自由で、貸付便度額内であれば現金自動預入出引出機(ATM)や現金自動支払機(CD)から、現金を気軽に引き出せる半面、その使い道自由の融資条件や無担保という融資から、
銀行などの金融利率よりかなり高い利率が設定されているので、自己返済能力をしっかりしていないと返済不能に陥る恐れがあります。

 

アドオン方式とは

この方式は、初めに元金に対して融資利率と融資期間を掛けて利息を割り出し、元金と利息を合わせた総額を返済回数で割って毎回の返済額を出す方式です。

毎回の返済額が出るので返済計画は立てやすいのですが、実質金利はかなり高くなってしまいます。

現在は消費者の誤解を生む恐れがある事から、アドオン方式の金利は表示禁止になっています。